2008年02月02日

落葉帰根

見上げればそこに 果てしなく広がる灰色の雲
あの季節を寂莫という
リュックに詰め込んだ日用品
こうやって 歩き始めた

白昼 太陽の温もりが姿を消す
夜 月光の藍色が姿を消す
寒冷の始まりを選択するしかない
できるのは 遺憾を 抱きしめることだけ

さだめられた巡り合わせ
自然のロジックを守る
誰にも物事の真相を解くことはできない
OH 故郷を遥か離れ 涙を堪えきれない
秋の夜が 異様に変化する
僕は まるで根に帰る落葉のように
君の心の隙間に 落ちる

一抹の憂鬱 一抹の孤独
すべて 甘んじて受け入れる
僕の愛は まるで根に帰る落葉のよう
家は 君の傍らだけにある

願わくば 君に付き添い 取り戻したい
失われた永遠を
僕が口を開く けれど 君は口をつぐむ
残ったのは 夢だけ

僕はまるで根に帰る落葉のように 君の心の隙間に落ちる


日本版CDから日本語訳を転載しました。
クヮン(りーほん)からワン(湯唯)への想いの様で
映画を見た後に聴くと情感も一層ですね。


posted by 朱理 at 23:46| 上海 🌁| Comment(0) | りーほん音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。